EGCG誘導体 “CateProtect”®

CateProtectKISCOでは、大阪大学産業科学研究所および株式会社プロテクティアと共同開発した天然由来素材EGCG誘導体 “CateProtect”をご提供しています。

特長

EGCG特殊成分 “CateProtect”は、お茶に含まれる天然カテキンの中で、最も抗ウイルス機能が高いEGCG(エピガロカテキンガレード)を、独自の誘導体技術で膜融合型にして、抗ウイルス機能をさらに強化しました。インフルエンザウイルスを10分で99.9%以上不活化します。その効果は、季節性ウイルス以外に、新型、トリ感染型、タミフル耐性型ウイルスなどにも同等に有効であることが確認されています。また未知のパンデミックへの対応も期待できます。

『CateProtect』がインフルエンザウイルスを不活性化する様子

(大阪大学産業化学研究所提供)

1)インフルエンザウイルスに『CateProtect』を投与

2)『CateProtect』がウイルスの膜と結合

3)『CateProtect』がウイルスの膜を破壊

“CateProtect”は、天然カテキンよりもウイルス膜親和性が高いため、ウイルスの膜タンパク質を効果的に変性させて感染を阻害します。

黄色ブドウ球菌をはじめ、幅広い菌に抗菌機能を発揮 

“CateProtect”は、薬剤耐性を含む、黄色ブドウ球菌に対する殺菌性、さらに肺炎桿菌、肺炎レンサ球菌、大腸菌などに対しても静菌活性が確認されています。

天然カテキンではブドウ球菌の増殖を止められませんが、“CateProtect”は高い抗菌性があるため、増殖を止めてブドウ球菌が激減します。

他の抗ウイルス・抗菌剤との比較

『CateProtect』は、天然カテキン由来の高い安全性をベースに、優れた抗菌性と抗ウイルス性を兼ね備えた、新しい消毒成分です。

“CateProtect”の用途

“CateProtect”は、人にやさしく、ウイルスや菌に強い特性を活かし、今後も様々な製品へ搭載が期待されています。製品に付けられる『CateProtect』のマークは、優れた抗ウイルス・抗菌剤を証であると共に、製品自体の信頼性を高めます。

〒103-8410
東京都中央区日本橋本町四丁目11番2号
第二営業本部
ライフサイエンスカンパニー
バイオテクノロジーチーム
TEL:03-3663-0274
FAX:03-3661-6459

事業情報

このページのトップへ